応援プログラム

活動報告・イベント案内

ビッグイシュー基金は、1.ホームレスの人々への自立応援、2.問題解決のネットワークづくりと政策提言、3.ボランティア活動と市民参加の3本柱の応援事業を展開しています。

1.つながって生きる―ホームレスの自立応援プログラム

大丈夫、あきらめない当事者への情報提供
東京、大阪をはじめ全国各地の「路上脱出ガイド」制作と配布、映画会や集まりなど町かど交流もすすめます。
普通のくらしを取り戻したい生活自立応援
定期的な健康診断、精神的なケアにつなぐ相談、住宅・生活相談、貯金奨励などの活動を行います。
仕事がしたい仕事・就業応援
すぐに働けるビッグイシュー販売をはじめ(ビッグイシュー販売のしくみ)、就労を支援する団体と連携して仕事応援プログラムを展開します。
生きていてよかったスポーツ・文化活動応援
自立への心の準備を促し人間関係をつくる、フットサル(野武士ジャパン)ダンス(ソケリッサ!)、野球部(レッドキャップス)、路上文学賞などの活動のほか、歩こう会、鉄道などの自主的クラブ活動を応援します。
ともに生きる東日本大震災の被災地・被災者の応援
安定した住居がなく事実上のホームレス状態にある被災者を、現地NPOと連携しながら自立へと応援をします(ニュースレター「被災地の路上から」の発行など)。

2.生きやすい社会をととのえる―ホームレス問題解決のネットワークづくりと政策提案

若者をホームレスにしない社会的困難を抱える若者応援ネットワーク
若年化するホームレスと、その可能性がある社会的困難を抱える若者を応援するネットワークをつくります。
くらしの基盤をつくる住宅手当などの政策提言
ホームレス状態やワーキングプアの状況を変えていく基盤として、住宅手当の充実など政策提言活動を行います。

3.市民が社会をつくる―ボランティア活動と市民参加

参加の“チャンス”をつくるボランティア参加プログラム
当事者への路上脱出ガイド手渡しなど、千人近い登録ボランティアとともに、基金の活動を市民や社会に開いていきます。(ビッグイシュー基金の活動に参加するには)。
寄付は最も有効な社会への参加寄付参加プログラム
認定NPO化による新しい寄付メニューへの参加を求め、日本での寄付文化の展開・定着をはかります。(ビッグイシュー基金へ寄付するには会員になるには)。
市民社会をつくる人々が100%包摂される社会をめざす
包摂社会とは誰もが排除されず、すべての人に居場所と出番のある社会です。
pagetop
応援するには?寄付と会員のご案内 ビッグイシュー基金スタッフブログ 路上脱出ガイド全国各地で作成・配布中 若者をホームレスにしないために 被災地の路上から